CROSS TALK 社員座談会

2020年入社の新入社員
コロナ禍で入社した彼らが、入社後に思う事。

自分の個性をうまく拾ってくれる。
「それが武器になるよ」って
自分の武器を認めてもらえた。

入社したきっかけについて教えてください。

僕は、ナビサイトでの活動がメインで、登録していたナビサイトのスカウト機能でメールをもらいました。 作成した履歴書を載せることができたんですが、それをアズ企画設計の人事の方が見て面白いと思ったと聞きました。 結構ふざけた感じに作ったんですけど、そういう所も肯定的に受け止めてくれたんです。 僕は、大手企業に勤める兄を見て「自分なりに仕事がしたい」という思いが強かったので、 会社の規模や上場して2年という流れから、会社と一緒に成長できるんじゃないかって思いました。

ふざけた履歴書ってどんな感じのものにしたんですか?

写真がタンクトップで、筋トレの話をひたすら熱く語っている内容でした(笑) でも、採用担当の人に「それが武器になるよ」って言ってもらえたことが嬉しかったんです。 実際に仕事をするようになって、先方の会社で相手にしてもらえることが多いし、これからも武器にしていけるようにしたいって思ってます。 そういう個性というか、武器をちゃんと認めてくれる会社だったっていう事が、アズ企画設計に入社した理由の一番ですかね。

他の人は、どうですか?そういう個性を見てもらえているということは感じました?

自分も、個人を見てくれるっていう点と本当に縁という部分を感じました。 アズ企画設計の説明会で出会った人事の方が、自分の個性の部分をうまく拾ってくれたんです。 志望動機とか自己PRとかどこの企業でも聞きそうな、すごく準備をしたところは全然聞かれなくて(笑)、 趣味とかこれまでやってきたこととか本当にパーソナルな部分を聞いてくれたことが印象的でした。 僕、最初は全然違う業界を見ていたんですよ。なんなら、不動産業界は絶対行かないとすら思っていたんです。 他の業界で内定ももらっていたんですが、業界研究くらいの軽い気持ちで行ったアズ企画設計の説明会で その人事の方に会って、波長が合ったというか…、良い縁だと思いました。 こういう会社で、こういう人たちと一緒に働きたいと思ったことが一番の理由です。

僕も縁が強いです。 出身が埼玉ということもあって、就職も埼玉の会社がいいと思っていたんですよね。 そしたらアズ企画設計が出てきて、会社説明会に参加したら先輩社員の話を聞くことができました。 不動産についてのこともそうだし、実際に働いている人の話を聞くことができたから、自分が働くということがイメージしやすくなりました。 その時に対応してくれた人事の方や先輩社員が、すごく優しく丁寧に説明してくれたことを覚えてます。 営業の1日のスケジュールとかも話してくれて、本当に分かりやすかったです! すごく細かいことだけど、出勤してまず何をしてるんだろう?とか、そういう所まで聞けたことが自分にとっては 印象的でした。働くイメージができたっていうことが、入社のきっかけに繋がったと思います。 あと余談ですが、入社して同期で話していたら、R.Sくんと受けた企業が被っていたり(笑) そういうところでも、この会社に入るということに対して縁が深いって感じました。

私は、中小企業で営業をやりたいって思っていて、自分がやりたい事と合っていると思ってアズ企画設計に応募しました。 最終面接で社長に「あなたは部活何やってたの?」と聞かれ、「ずっと吹奏楽をやっていました」と答えたら、 社長が「吹奏楽はスポーツではないけどスポーツみたいなものだから、君ならできるよ!」と言ってくださったんです。 「君ならできるよ!」という言葉が嬉しくて、それでこの会社に決めました。

圧倒的なスピード感とメリハリのある働き方。
驚くことも多いけど、常に前進している実感。

入社して、驚いたことは?

緊急事態宣言もあって、4月の入社が伸びたこともありますが…6月からやっと営業を始められるという状態になってからの 圧倒的なスピード感に驚きました。 最初はもう少しOJTで先輩に同行して飛び込み営業をやるのかと思っていたんですが、2日目から1人でやってごらんって言われました。 言われたときは驚いたけど、逆にそのおかげで先輩に頼ったりしなくてもできることが増えたなって思います。

Sと僕とは同じ営業所なので、僕も2日目で1人で飛び込み営業行ったんですが、そのおかげで より早く自分なりのカタチを見つけられつつあります。

僕は、社会人のイメージが変わりました。 入社前って、会社に遅くまで残ってやるというイメージが強かったけど、この会社に入ったら先輩たちが 「やるときはやる、休む時は休む」という意識がしっかりあって、プライベートも両立している人が多いと思いました。

小さいことなんですけど…。デスクの椅子が座りやすかったです(笑) 初日来て座ってみたら、すごく座りやすくて驚きました。 細かいところだけど、そうやって従業員の働きやすい環境を整えてくれる会社なんだなって思いました。

穏やかな雰囲気ではなかった。
でも、それが逆に甘えることなく
自律して仕事をする事に繋がっている。

入社して、最初にした仕事は?

僕たち横浜営業所チームは、昨年売却した物件の数字を出すやり方を教わりました。 答えは既にあるんですが、実際に自分たちで算出してみたらどうなるか?ということを まずは自分たちでやってみました。 その次の日からは飛び込み営業です。

私は、反社チェック(取引するにあたり、その会社が反社会的勢力と関わっていないかの調査) をしました。

僕は、東京の土地勘がないこともあって、まずは「東京の土地を知ろう!」って上司に言われて、 ずっと地図を見ていました(笑) 地図だけ見ていることに戸惑いもあったんですけど、上司からは「不動産は土地を把握することから 始まるんだよ」って言われて、すごく納得しました。 僕は関東出身だけど東京の土地勘がない。 地方から上京してきた社員は、もっとないと思います。それでは、物件を扱えないんだって思いました。

新型コロナウィルスの影響で実際の出社が2か月遅れましたが、6月1日に出社したとき、どんな気持ちでした?

僕は、朝礼での挨拶を考えてました。 朝礼の挨拶が、ここ1か月で一番緊張したかもしれないです(笑)

本当に?(笑) 飛び込み営業の初日よりも?

僕は、飛び込み営業はあまり緊張しなかったよ(笑)

僕は、ちょっとモチベーションが低くなってしまっていました。 出社日がずれてしまっていて、一体いつになったら出社できるんだろう?って不安でした。 4月1日に照準を合わせて、テンションが一番上がっていたのもあると思います。 でもやっと出社できて、今は普通にやっています。

僕は、逆にプレッシャーがありました。 2か月もあったんだから、ちゃんと勉強してから来たんだよね?って思われてるんじゃないかって思うと不安でした。 でも、人事の方がちゃんと在宅でできる研修も用意してくれていたので、それがなかったらここまで営業できなかったかも、とも思います。 不安で出社したけど、上司はすごく親切に接してくれて安心しました。

初出社日、上司や先輩はどういう雰囲気でした?

全社的に、ちょっとピリピリしていたかな…。

コロナウイルスの影響があったからね。

そうだね。時期が時期だから、やっぱり穏やかな雰囲気とはいかなかったように思います。

僕は、新入社員扱いをそんなにされなかったと感じます。 それが嫌だったかというとそうではなく、逆に自分がいつまでも学生の気分じゃダメなんだって思ったんです。 「新入社員だから…」という言い訳も通用しない。 それが、自分にとってはとても良かったと思います。今は、甘えとかもそんなにないですね。 まだまだ出来ないことは多いんですけど(笑)

私は正直、新入社員の中で女性が1人だったから心細かったです。 初日本当に緊張していて、死にそうになりながら出社したら、 同じグループの女性の先輩が、「ここに座ってー」って言ってくれて、ものすごく安心しました(笑)

僕のグループは、三世代みたいになってます(笑) 僕とお父さん世代の人とおじいちゃん世代の人とで仕事させてもらってます。 歳が離れてるから、周りから「大丈夫?」って少し心配されてたんですが、上司も先輩も本当に優しいから全然大丈夫でした。 年齢が近くない分、逆に甘えなくて済んでいるというか…。 僕の場合、年齢が近い人と仕事することになったら、甘えてしまっていたんじゃないかと思います。

自粛期間中は、どうやってコミュニケーション取ってました?

同期でリモート飲み会しました(笑) 入社したけど、実際顔を合わせる機会が入社式くらいでした。 入社式のときに、松本社長から「同期は大切にしなさい。みんなで色んな話をしたほうがいい。」 と言われました。でも、実際顔を合わせて飲み会はできないので、「じゃあ、リモートでやろう」ってなって。 3時間くらい?楽しかったよね。

もっとやってたよ(笑) 4~5時間くらいは話してたと思います。

あれがあるから、今仲良くできると思ってます!

元々、仲は悪くなかったよ(笑)

今は、同期同士で相談し合ったりするんですか?

そうですね。結構しますよ。

「1つ聞いてもいい?」って電話かけたのに、結果的に全然違う話で盛り上がって3時間経ってた、とかあります(笑) 電話で分からないことを聞き合ったりとかは、ほぼ毎日してます。

本当だったら、仕事帰りとかにもっと飲みに行ったりしてたんだろうな~。

「飛び込み営業」のイメージが変わった。
人との繋がりで仕事が広がっていく。
それが面白い!

今はどんなお仕事をしていますか?

今はまだ、自分で案件を持てているわけではないので、先輩の案件をお手伝いという形で 関わらせてもらっています。 デスクワークもありますが、時間があるときは1人で飛び込み営業に行ったりもします。 あとは、先輩が担当している取引先の新入社員を紹介してもらったので、その方に会って情報交換したりしてます。

飛び込み営業は、みんな同じようにしています。 僕の場合は、もう少し違ったお仕事もあって、賃貸の営業もさせてもらっています。 売買よりも賃貸営業の方が数をいっぱい回る印象で、街の不動産屋さんを見つけたら、そこに入って営業をします。 売買とは違った形で人と出会えて、その分色んな人から問合せも来るようになりました。 こないだは内覧も1人でやらせてもらえるようになって、少しずつできることが増えていくことが楽しいです。 営業していると、人との繋がりから広がりを見せるから、それが本当に楽しいと感じます。

あとは、あまり不動産とか建物の知識がない状態で営業に行っていたよりも、 少し時間の経った今の方が違った提案の仕方ができるようになったと思います。 とりあえず、宅建を取らないとって実感しました(笑)

それは、本当にそう思います(笑)

僕は、同じ営業所でもR.S君とはちょっと違った仕事をしています。 先輩の持っている物件の事務作業が半分、飛び込み営業半分といった形です。 事務作業は、先輩が持ってきた案件の数字を試算したり、物件価格の相場を調べたりしています。 相場を調べるのも、最初はやっぱりどうやって調べたらいいのか分からなかったんですが、数をこなしていくうちに だんだん調べ方なども分かってくるようになりました。

「飛び込み営業」のイメージは、入社前と入社後で変わりました?

(4人)それは、変わりました!

就活しているときは、「飛び込み営業」は絶対やりたくない!って思ってました。 ここにいる全員がそう思っていたと思います。 でも、実際やってみると、営業先の方はみんな優しいし、話をちゃんと聞いてくれます。 全然嫌な仕事じゃなく、むしろ楽しいです。

なんなら、ずっと飛び込み営業行っていたいです(笑)

そうそう!人との繋がりができて、そこから広がっていく感じが面白いと思います。

学生の時は、同じ固まりのグループでしか関わりを持っていなかったんだなって実感します。 同じクラスとか、同じサークルとか、そういうカテゴライズされたものがあったと思うんです。 飛び込み営業はそういうのではなくて、自分という「個」からどんどん「線」を伸ばしていく作業をするというか。 そうやって人と繋がりを作って、仕事にしていくんだなって思います。 当たり前ですけど、22年間生きてきてそんなことをしたことがなかったから、最初はすごく緊張しました。 でも、4~5件回ったらすぐに慣れました(笑) 物件の善し悪しはまだ分からないけど、まずは自分を売り込みにいかないと物件は売り込めないなって感じて、 自分の持っている武器を1個でも2個でも生かしていければと思ってます。 飛び込み営業は、楽しいですよ。

私は、最初本当に緊張しました。 飛び込み営業の入社前のイメージって、とにかく怪訝に扱われて、門前払いをくらうっていうイメージしかありませんでした。 実際にやってみたら、全然そんなことはなくて、相手も会社だから受付の方がちゃんと出てくれるので、 そこから自分がどんな会話をするのかということにかかってくるんだなって分かりました。 例えば、自分がうまく話せなくて話が数十秒で終わってしまうことも最初のうちは結構あったんですが、 その時は「さっきのは上手く話せていなかったから、次はこうやって話をしてみよう」って考えて、 次の営業先で実践してみたりして、少しずつ改良していく感じです。 そうやっていって、うまくできるとすごく嬉しいです。 私もK君と一緒で、むしろ飛び込み営業をずっとやっていたいです(笑)

何回か飛び込み営業行くようになって、話す順番とか自分のパターンは決まってきました?

なんとなく出来上がってきました。分かっているわけではないけど、出来てきた・・・という感じです。 最初はそれこそ、自分が何を言っているか分からなかったです(笑) 話したことも覚えてなかったんですが、最近はちゃんと話した内容を覚えてます。

ちょっと思うことは、このご時世みんなマスクしているので、相手の表情が見えないことがつらいですね。 どう思っているのかが分かりづらいんですよね。

キャッチコピーとかはないんですか?アイドルみたいな(笑)

それ、いいですね!めちゃめちゃ覚えてもらえそう(笑)

S君は、それこそタンクトップで営業に行ったら、すごい印象に残りますよね(笑)

じゃあ、明日からそうしようかな(笑)

営業していて思ったのは、会社名が特徴的なので「アズ企画設計」という社名で覚えてくれている不動産会社さんが多いです。 社長も、覚えてもらえるようにって思いを込めて名付けたっていう話をお伺いしたことがあるんですが、 本当に印象的なんだと思います。アズ企画設計って会社名に救われているところもあると思ってます。

挑戦する価値のある仕事。
一緒に楽しく、不動産の仕事をしましょう!

学生へメッセージをお願いします!

今は中々外に活動しに行くことが難しいご時世だと思いますが、ここで自分がどういった行動をするのかが 後々の結果に繋がっていくと思います。 今の自分が何をすべきかをしっかりと把握して、自分のことを見つめ直して就活に臨んだら良い結果が得られると思います。 頑張ってください!

一生懸命頑張れば、自分に合った企業が見つかると思います。皆さんの就活の成功をお祈りしています。

今はコロナの影響で遊べる時間も限られていると思いますが、社会人になると遊ぶ時間も減ってくるので、 学生のうちは遊ぶときは遊ぶ、やるときはやるというメリハリができればいいと思います。 頑張ってください!

僕は入社前に不動産って少し怖いイメージを持っていました。 でも、この会社に入社して、人との繋がりが本当に楽しいって思える仕事に出会うことができました。 挑戦する価値のある仕事だと思うし、不動産って楽しいと思ってもらえると思います。 僕らも入社したばかりでまだまだ学ぶべきこともありますが、頑張って成長していこうと思います。 もし、縁があってアズ企画設計に入社したら、僕らと一緒に頑張りつつ、楽しく不動産の仕事をしましょう!

新入社員の皆さん、ありがとうございました!

座談会の一覧に戻る