CROSS TALK 社員座談会

コロナ禍での就職活動は、
これまでのやり方が通用しなくて戸惑った。
だけど、この状況に適用して逆手に取ったら、
自分の可能性も広がった。

就職活動が一番活発になる時期に、新型コロナウィルスの影響で就職活動の在り方が一気に変わったと思います。その中で、どのように活動を行っていましたか?

僕は青森にいたので、東京に来て説明会を回るということができませんでした。新卒エージェントに登録して、担当さんと自己分析したり何かと相談をしながら、自分に合っているであろう、かつオンラインに対応してくださる企業を紹介してもらいました。

コロナだったからこそ、逆にオンラインで色んな企業を受けられたということもありますか?

そうですね。もともとは、1か月くらい東京にいて就職活動をする予定でした。でも、それだとお金もかかるし、時間もとられてしまう。逆にオンラインでできたことで時間もお金も節約しながら、受けられる企業の幅も広がったと思います。

東京に行けないことに対する焦りはなかったですか?

最初は焦りました。やっぱり行くつもりで計画していたので…。でも、色んな企業がオンラインで対応してくれたので、やり始めたら意外と大丈夫でしたね。

僕は新潟の大学に通っていて、もともとサッカーをしながら就職活動をする予定でした。会社説明会など、選考のスケジュールに合わせて東京に行く予定を組んでいたんですが、やっぱり行き来をするとなるとサッカーの練習にも支障は出ていたと思います。しかも、新型コロナウイルスの影響で、関東に行った後は14日間の自主隔離という大学の取り決めもありました。オンラインの面接などはやはり慣れない部分もありましたが、リモートで就職活動を進められたので、逆に時間を有効に使えたと思っています。

説明会や選考時のアズの印象はどうでしたか?

説明会で聞いた感じでは、すごいホワイト企業だと思いました!採用担当が「土日お休みです」って説明会で言っていて、最初は「嘘でしょ」って思ってました(笑)入社したら、本当でしたね(笑)

採用担当が、嘘はつけないでしょう(笑) 他に印象に残っていることはありますか?

説明会でのリノベーションの話がすごく分かりやすかったです。それで一気に興味が湧きました。中古物件を仕入れてリノベーションして売却するという事業説明を聞いて、こんな不動産があるんだ!って思ったし、すごく面白そうと思いました。自分が受けた企業の中では、そういう事業を持ち味としてやっているところがなかったです。

N.K君は、少し特殊な採用だったと思いますがどうですか?

そうですね。僕の場合は、就職活動の途中でサッカーを続けようと決めたので、社会人サッカーチームに入ることにしました。そこで出会ったのが、アズ企画設計がスポンサーをしている「アヴェントゥーラ川口」です。そこに入団が決まって、アヴェントゥーラ川口経由で紹介をしてもらったという背景があります。実は、通常の就職活動を進めていた時に、一度アズ企画設計にエントリーしていたんですよね。でも、コロナウイルスの影響で採用が中止してしまいました。だから、アヴェントゥーラからいくつかの企業を紹介された時は、真っ先に「アズ企画設計にします!」って言いました。いざ面談…となったら、その後からがすごく早かったです。面談から選考、その後の採用手続きといった一連の流れのスピードが速くて、すごい企業だなと思いました。

分かる!特に最終選考は、その場でどんどん話が進んでいく感じでした。社長と話して、最後に「じゃあ、今後の入社手続きとかは採用担当と話してね」って言われて、「え?あ、採用なんだ」って(笑)

どんどん進んでいく感じだったよね(笑) 本当、速かったです。

置いてけぼりにして、すみませんでした(笑) 最終選考で社長と会って、どうでした?

がちがちに緊張してました(笑)

学生さんみんな、大体最初は「思ったほど緊張してない」って言うんですけど、社長が来た瞬間に緊張がピークに達するんですよね(笑)

これまでの人生の中で、「社長」という立場の人と話す機会がなかったので、緊張であまり覚えてないんですよね(笑)でも、これが社長をされる方の器なんだなって感じました。余裕があるというか…。やっぱり、会社をまとめている人、会社の顔である人の器は違うなって思いました。

僕は将来起業することを目標にしているので、社長には「起業するためにどうすればいいか」と質問しました。「人との関わりが大事なので、色んな人と関わることが一番の近道」というようなことを教えていただきました。

僕は、やはりサッカーの話がメインでした。「ケガしたら、仕事に対してもサッカーに対しても幸せになれない。ケガには気を付けて。」「フットワークが軽いから、それを武器に頑張ってください」と言われたことを覚えています。

自分の名前に価値をつけたい、
自分を成長させたい、自分の夢を叶えたい。
それを実現する土台がある会社だと思った。

なぜ、アズに入社を決めたんですか?

僕には起業したいという夢があって、自分が成長できる会社を選びたかったんです。アズは若い人が多くて、役職ついている人も若い印象でした。そういう企業なら、基礎的な業務も覚えることができて、若いうちに色んな役職を経験したうえで、最終的に起業できるんじゃないかと考えて入社を決めました。あとは、福利厚生も魅力的です!

僕は、就職活動の軸で「自分の名前に価値をつけていきたい」というものがありました。営業力を高められる企業、企業理念に共感できて地域に密着した企業、サッカーについてもサポートをしてもらえる企業という3点から見たときにアズの第一印象が一番良かったんです。僕の場合は、アヴェントゥーラ経由で紹介をしてもらいましたが、そこからのスピード感もとても魅力的に感じました。

内定してから、入社するまでにどんなことをして過ごしましたか?

内定式で「旅行はたくさんしたほうがいいよ」「本をたくさん読んでください」と、社長が仰っていて、それを意識して過ごしたと思います。コロナなので遠くには行けないですが、県内で色々行ったりしました。あとは、課題図書を読んだりしましたね。

僕は主にサッカー、読書、行ける範囲での旅行の3つですね。サッカーがない時間で、特に読書をしていたと思います。

課題図書で印象に残っている本はありますか?

野村監督の「運の正体」!

あとは、社長が書いた書籍が面白いです。

スター社員の本?あれ、面白いよね。今でもたまに読み返す!

ルーキー社員とスター社員の違いが書かれていて、本当に勉強になります。

入社初日は、どんなことを感じました?

入社式の1週間前くらいから研修が始まっていたので、そこまで緊張はしてなかったと思います。あ…でも、オンラインで東京本社と埼玉本店を繋いでいたのを見たときは、たくさんの人が見ているんだということが実感されて、緊張が高まった瞬間でしたね。

僕は、シンプルに社会人になったんだなって思いました。

なるほど。シンプルですね。どのあたりから「社会人になるんだな」って思いました?

僕は、引っ越してきた時くらいからです。学生の楽しい時は終わった、と思いました(笑)

先輩達から、何かしら学んでいる日々。

一歩一歩だけど、進んでいる実感ができて楽しい。

配属後に一番最初にやった仕事と、今やっている業務を教えてください。

僕は、反社チェックをしました。何回かやり直しは入りつつも、研修で教わっていたこともあって割とスムーズにできたと思います。

僕は、鍵の整理です。鍵の整理をしつつ、物件名を覚えるっていうことをしました。2日間くらいかかりました。鍵を管理している倉庫にこもって、ひたすら整理しつつ覚えましたね。今は、何番の鍵!って言われたら、すぐに物件名まで出てきます(笑)

鍵屋さんみたい!(笑)

そんな感じだね(笑) 賃貸部は、新入社員が必ず通る道のようです。僕の1個上の先輩も最初にそれをやって、パッとわかるようになったって言ってました。その先輩に「僕はもう鍵の匂いで、物件名がわかるよ」って言われたんですけど、さすがにそれは冗談だろうと(笑)

一番最初に営業に出たのは、入社してどのくらいたってからですか?

僕は2日目くらいからです。

飛び込み営業って、もうやってるんですか?

はい、やってます。最初は先輩と一緒でしたが、3回目あたりから1人で行くようになりました。

飛び込み営業は、コロナの状況もあって断られることも多そうですもんね。

それもありますが、自分の部署がちょうど契約が多い時期で、上司や先輩が忙しかったこともあります。なので、僕はどちらかというと契約関係の仕事から教っているといった感じです。書類を作成したりして、その合間に電話営業をやっています。

僕は、実はオンライン営業のみって書いてあるところも結構行っちゃいます(笑) 意外と入れてくれます。

実際に飛び込み営業をやってみて、どうでした?

最初は先輩に同行してもらうので、そこで先輩の営業トークや所作を見て学びました。とにかく早くひとりで回れるようになりたい!という一心で、先輩が言ったことをメモして真似してました。あとは同行中に指導してもらうのとは別で、ロープレもやってもらっています。

へえ!それ、すごく良いですね!!どういうロープレですか?

3名の先輩社員に対して、賃貸営業と売買営業のそれぞれを僕が営業します。たまに、3名の先輩社員がお手本を見せてくれたりもします。先輩がやってくださるときは、録音もしてメモも取ってますね。そういったロープレを、今は定期的に行っています。すごく丁寧に教えてもらっていると思います。

そのロープレをやる前と後だと、営業の時の感触は変わったりしました?

全然違います!ロープレ後は、話を聞いてくれることが多くなりました!自己流でやっていた時は、相手も「あ、新卒が来たな」っていう反応でした。先輩からは、「新入社員のうちは、いかに新卒に見せないかも重要」と教わりました。

1日何件くらい営業に行くんですか?

一番多かった日は、賃貸営業で1日20件くらいまわりました。まだ成果は出ていないですが…。名刺がかなりたまってきたので、今はアポイントを取ることを中心にやっています。同じ新卒の方と営業先で知り合うことも多かったので、そういう人達と積極的に関わりたいと思って電話したりしてます。

仲良くなれそうな人は、もう見つかりました?

そうですね。1人と連絡先を交換したんですが、その方が他の新卒の方にも声をかけてくれるって言ってくださって。そうやって広がりを見せたりするので、営業するのが本当に楽しいです。飛び込み営業って、あまり良いイメージがないと思うんですが、僕は全然苦じゃないです。本当に楽しい!デスクワークのほうがつらいです(笑)

アズの営業職で採用する新卒は、そういう人が多いと思います(笑) N.K君は、どんな仕事をしているんですか?

4月いっぱいは、募集処理などの賃貸事務関連を覚えてました。新規契約や見積書の作成などを覚えて、ようやく5月に入って先輩と営業に出るようになりました。今は、地主様やオーナー様に対して、飛び込み営業してます。営業をするために、先輩が作っていた自己紹介用の資料を真似して作ったんです!それを、地主様やオーナー様にお渡しして、自分を売り込んだりしています。こないだ浦和レッズファンのオーナー様にお会いしたんですが、この資料を見てすごく興味を持ってくださいました。自分がサッカー選手であることが、話のタネになるんですよね。一緒に回った先輩は、同じサッカーチームの方なんですが、営業トークとかが本当に勉強になります。例えば、家が広いところは地主の可能性が高いとか。

本当に地主かどうかは、分からないんですよね?

はい、分からないです。分からないけど、可能性に賭けてインターホンを鳴らします。こないだは、それでやっぱり地主様だった…というのが3~4件ありました(笑) 地道ではありますが、そうやって少しずつお仕事に繋がることをやっていきたいです。他には、ビルマネジメントについての打ち合わせなどにも同席しています。銀行とかが紹介してくれるところの管理が取れれば、目標数に対しても貢献できるかなと思っています。

先輩達の姿を見て、自分も早く結果を出したいと思う。
難しいことでも、1つずつクリアして目標を達成したい。

今後の目標を教えてください。

この1年で、何か成果を出したいと思ってます。1個上の先輩が、新入社員の時にリーシングで結果を出したと聞いていますし、2個上の先輩は自分で仕入れをした物件を持っています。僕だけ何もないので、早く何かしらで成果を出したいです。

僕は「1人前の社会人になる」という今年の目標があります。具体的な目標でいうと、新規の管理受託を30戸取ること。1個上の先輩が、新入社員の時に新規管理受託を46戸取ったと聞きました。そこまではちょっとハードルが高いので、僕はまず30戸の管理受託を目標にやろうと思っています。難しいとは言われてますが、頑張りたいです!!

学生へひとこと!

就職活動は、早く動くに越したことはないです。早めに決めて、残りの学生生活を楽しんだほうがいいです!

僕が最近思うことなんですが、学生時代によく「今のうちに遊んだほうがいいよ」って言われたりするじゃないですか。別に社会人になってからも遊べるなって思いました。

それはある!(笑)

僕はサッカーをしているということもあって、よりオフの日の使い方を考えるようになりました。なので、僕からの一言というのは、「学生の頃から時間の使い方を意識して過ごしたほうがいい」ということですね。

就職活動でも役に立ちそうなスキルですよね。

今のうちに遊んどいたほうがいいよっていうのは、逃げみたいに感じます。社会人になっても、自分で時間を作れば遊べます。

すごい深いね(笑)

新入社員の皆さん、ありがとうございました!色んなことを経験、吸収して、素敵な社会人に成長していくことを楽しみにしています!

座談会の一覧に戻る