INTERVIEW 社員インタビュー

働くうえで、公私ともに充実させたい。

2016年入社
投資企画事業部
次長 Y.O

働くうえで、公私ともに充実させたい。
それが叶う会社だと思った。

アズ企画設計に入社した理由を教えてください。

僕はとても単純な理由で、家から一番近いという点が一番大きいです。通勤時間がもったいないと思っていたし、圧倒的なスピードで内定をもらえたというのも大きかったかな。面接の次の日には「内定」って連絡をもらいましたよ。
ちょっと驚きましたけど、早く就職活動を終えたいと思っていたので、そのスピード感は好きだなと思いましたね(笑)
あとは、不動産業界の中では珍しく有給休暇が取りやすいということも魅力に感じました。僕は、働くうえで公私ともに充実させたいと学生の時から思っていたので、そこは結構重要視していたと思います。

入社してから、何かギャップに感じたことはありますか?

内定が出てからすぐにインターン生としてアルバイトをしたので、正社員として入社した後はギャップを感じることはなかったです。働くイメージができてから入社したことが良かったと思います。インターン生として入った時に、「ラクそうって思っていたけど、全然ラクじゃなかった…」とは思いました(笑) 仕事だから当たり前なんですけど(笑)
それ以外は特にないですね。若い人も多かったので、帰りづらいという雰囲気もないです。

インターン生の時は、どんなお仕事内容でしたか?

正社員と同じ仕事内容でした。それこそ、一番最初にやったのは飛び込み営業です。僕が入社する前までは飛び込み営業はなかったそうですが、事業の拡大もあって飛び込み営業もどんどんやっていこうという方針になったみたいです。
先輩と何社か回った後、「やってごらん」って言われて1人で30社ほど回りました。最初は全然分からなかったんですが、個人宅を回るわけではないので営業先の方もちゃんと対応してくれましたし、当初思っていた飛び込み営業とはイメージがちょっと違ってましたね。あとは、先輩と一緒に物件を見に行ったりもしたし、紹介された物件を社内に提案したりもしました。

名刺交換だけしても関係は深まらない。
色んな場所で交流をすることで、
信頼関係を築いていく。

初めて契約したのはいつ頃ですか?

入社した年の12月でした。先輩の助けもあって、1件仕入れから売却までやりました。その物件は、1回取引した業者から知り合いを紹介してもらった際に、所有されている物件を売りたいとご希望だったので購入しました。
その物件の売り主は、60歳くらいの女性なんですが、今でも1か月に1回はお会いしてます。土日とかでも、高尾山とかのほうまで連れてってくれたり、神田でもランチしてますよ。元々は会社を経営されていた方なので、色々と情報通でもあります。とてもかっこいい女性です。

そうやって関係を続けていくことで、何かあったときにまたお仕事が回ってくることもありますか?

そうですね。また来るといいなって思っています。それだけじゃないんですけどね。その方とお話すること自体、楽しいっていう事が一番ですね。物件だけじゃなく、ごはんが美味しいお店の情報も教えてくれます(笑)

不動産業界は、付き合いを広げていかないといけないですか?

それはそうです。それこそ僕は、飲み会に行かないとあまり情報は拾えないなって思っています。
名刺交換だけしても、そんな人ってたくさんいるじゃないですか。その中で関係を深めていこうと思ったら、やっぱり飲み会やゴルフとか行ったほうが仲良くなりやすいです。関係が深まれば、水面下の情報も教えてくれることもあります。

コロナ以前、飲みに行ったりとかは結構されてました?

そうですね。ゴルフは僕まだやってないんですが、それでもお誘いは結構来ます。飲み会に至っては、3年目くらいの時だと週3~4日くらいありました。交流会含め、ほぼ毎日誰かと会ってましたよ。

そういう飲み会って、どうやってきっかけを作るんですか?

大学毎の連盟があって、同じ大学出身の不動産業界で働く人の集まりがあるんです。社長の勧めもあって、まずはそこに参加しました。最初はそこから徐々に広げていったり、他社が主催している交流会に声かけてもらって行ってました。途中からは、仲良くなった人から仲良い人を紹介してもらうようにしていってます。その方が信頼度もありますよね。
最近は、仲の良い業者と飲んでいる時に何名か呼んでもらうっていう風にしてます。

自分が卒業した大学の連盟がある人はいいと思うんですが、それがない大学出身の社員もいますよね。そういう時ってどうするんですか?

そういう人は、例えば女性社員だったら女子会に出てたり、ネットで不動産交流会とか結構出てるんですよ。でも、確かに大学は強いですよね。年配の方は特に、何かあれば連絡くれます。昨年は、結構色々行ってましたよ。社内の人間が行くところに、一緒に行って紹介してもらうこともあります。中途入社の方なんかは、やっぱりまた違った人脈を持っていますよね。

予算を達成するかどうか。
責任が重くなったからこそ、
これまでとは違った見方になる。

現在のお仕事で、部下を持つようになってから何か変わったことはありますか?

責任が重くなりました。グループでの数字管理がありますよね。いちプレーヤーだった時よりも、細かい仕事は増えましたよ。予算達成するかどうか、という所がこれまでと違ってすごく気になる。売上へのプレッシャーというか。数字を達成しないと、やっぱり社内でのプレッシャーはそれなりにありますね。
あとは役職がついた分、外で迂闊に「買います!」とは言えない、というのもあります。前までは、勢いで言えたこともあったんです。勢いで言っちゃっても、「社内協議の結果、ダメでした」が通じたんですよね。
でも、今は立場があってある程度の決定権もある。だから、一度考えるようにしてます。

達成するために心掛けてることってありますか?

そうですね。心掛けているというわけではないんですが、飛び込み営業をもっとやっていかないといけないと思っています。僕のグループは、小さい契約も多く、事務作業も他のグループに比べると多いかもしれません。
賃貸の契約も関わらせてもらっていることもあるので、どうしても事務所にいることが多くなってしまうんです。それでも売上は作らないといけないので、営業と事務のバランスをうまく取ることかなと思います。

3年目で経験した事務の仕事。
大変だったけれど、
それがあったからこそ今の仕事の仕方がある。

5年間で一番成長したっていうタイミングはいつですか?

成長したタイミングは、3年目で埼玉から東京に来た時です。当時退職された方の事務とかが全部残っていて、それを僕とKさんが全部引き継いだんです。その時は、結構大変でした。

契約内容などをちゃんとわかっているのは、その辺りにあります?

それはありますね。今では業者にもちゃんと内容を説明できますし、社内で役員がどういう所に気を付けているかなど、そういう所も学べました。僕らにもそういう目線がついたというか。おかげで、最初に細かい部分まで業者に伝えておくことができるので、その分仕事の進みも早くなります。そういうことが、信頼にも繋がると思うんです。

知識が豊富な人の方が、お客様も安心しますよね。

そう思ってくれたら嬉しいです。

仕事は全部難しい。すぐには結果は出ない。
だからこそ、コツコツやることが大切な業界だと思う。

一番難しかった仕事って何ですか?

それも3年目です。土地案件でした。マンション用地を買ったんですが、利益が1億5~6千万出る案件だったんです。上場したばかりだったこともあって、どうにか2月までに売らないといけないというプレッシャーが強かったです。すごく悩みました。お正月も気が気じゃなくて…。眠れなかった日もあります。土地なので、建物とは違って測量なんかもあります。測量士さんともやり取りしました。初めての経験だらけで、本当に難しかったです。

2月の売却は間に合ったんですか?

2月28日ギリギリで間に合いました。3日前に測量が終わって、直前で引き渡しができたんです。すごくほっとしました。

仕事の難しさはどこにありますか?部下の育成とか…。

僕の場合は、3年目から一緒に苦労してきたKさんがいれば大丈夫です(笑) Kさんが、一緒に後輩を育成してくれますから。でも、仕事って全部難しいですよね。不動産は、1つとして同じものがないですよね。収益レジデンスを買うにあたっても、設備が細かく違ってきます。毎回思いつく限りの調査はするんですが、それを経験値の高い役員や先輩から細かい所を指摘されます。あれは、本当にすごいです。

ご自身は、結構指導されて育ってきたと思いますか?

自分の時は、あまり手取り足取り教えてもらったという記憶はないです。サポートするから、自分で調べて自分で進めてごらんっていうスタイルだと思います。新入社員のうちは、そういうことが難しいかもしれないですね。自分で探しに行こうとか、自分で調べようとか、そういう考えができないと難しいと思います。そういうことが耐えられない人は、うちには向かないと思います。

O次長は、どうやって調べるんですか?

僕は、ネットも使いますが社内外の人に聞きます。社長から、「分からないことがあるときは、3人には聞け」って言われました。仲の良い業者さんに聞いたり、契約書のこととかなら研修してくださってる講師の方が大学の先輩なんで、その方に聞いたりとかします。

助けてくれる人が周りにいるんですね。

そうですね。とても有難いです。最初は飛び込みしかないと思うのですが、一定数の人脈ができるとどんどん広がっていきます。でも、その一定数はすぐにはできません。コツコツやっていく業界で、すぐに結果は出ないんです。それに耐えられるかどうかという事が、この業界で実績を出せるかどうかかもしれません。

自分のグループが任されている数字を達成したい。

今後の目標は?

今は、売上予算の達成と仕入れを強化するということしか思いつかないです(笑)
グループの目標は達成できそうなので、その後はプラスαで積み上げられるかどうかですね。


やはり1つのグループを任されているから・・・というのはありますか?

それは、ありますね。グループの一員というだけだったら、ここまで考えていないかもしれません。やっぱり、自分のグループの数字は達成したいです。あとは、部長のサポートもできればと思っています。

不動産業界にいるからこそ、やってみたいことはありますか?

うーん…。お金を貯めて良い不動産を買って、オーナー業をやってみたいです。でもすぐには無理なんで、今できることをやっていきます(笑)

インタビューの一覧に戻る